検索
  • 高松YEG

高松市へ絵本寄贈

「おかねってなぁに?」


日本YEGで企画された渋沢栄一翁をモチーフにした絵本、「おかねってなぁに?」を高松市へ寄贈させて頂きました。


高松YEGメンバーであり、絵本の作者でもあるおかださえさんと共に高松YEGの佐野会長より大西市長へお渡しさせて頂きました。


「おかねとはありがとうを集めて、ありがとうを伝えるもの」

「一滴一滴の雫がより集まれば大河になる」

「よく集めよく散ぜよ」

などの言葉をこども向けに分かりやすく絵本で伝えています。


図書館等に設置される予定ですので、お子さんと親御さんも一緒に学んでもらい未来の地域の経済的、文化的発展に寄与できれば幸いです。


ご対応頂いた関係者の皆様、取材いただいた方々、

本当にありがとうございました。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示